玉泉園

HISTORY 玉泉園の歴史

始まりは四〇〇年前、
受け継がれる
加賀藩ゆかりの庭園。

 兼六園のすぐ近くに位置する玉泉園。その歴史は四〇〇年ほど前にさかのぼります。作庭したのは加賀藩の上級武士だった脇田家。江戸時代初期に初代直賢が造園を始め、四代九兵衛まで約一〇〇年を費やして完成させました。加賀藩歴代藩主が築いた兼六園の完成より約一二〇年古い、江戸中期の作庭です。玉泉園の名は加賀藩二代藩主前田利長の正室玉泉院に由来し、初代直賢は玉泉院の配慮により脇田家に婿入りした縁があります。玉泉園が兼六園の樹木を借景にし、池泉の水源を兼六園の徽軫灯籠付近の曲水から引いていることも加賀藩と脇田家の親交の深さを物語っています。 明治時代初期に脇田家が金沢を離れた後は西田家が庭園を受け継ぎました。約二三七〇平米の園には作庭以前から生い茂っていた巨木が見られ、朝鮮五葉松や凌霄花の老樹が名園の変遷を見守っているようです。昭和三五年(一九六〇)には県の名勝に指定されました。

全国に六例のみ、
幻の様式「玉澗流庭園」【ぎょっかんりゅうていえん】

 上下二段式の池泉回遊式庭園で、起伏に富んだ景観美が特徴の玉泉園は、ある山水図がもとになったといわれています。描いたのは中国南宋時代の画僧芬玉澗。元禄七年(一六九四)に玉澗が刊行した『古今茶道全書』第五巻の巻末に三枚の山水図が描かれており、その一枚である「玉澗樣山水三段瀧圖」が玉泉園の東滝を中心とした崖地部分と酷似していることがわかっています。同書の刊行時期は脇田家三代直長が玉泉園を築庭していた時期と重なります。 画僧玉澗に由来する「玉澗流」は作庭における幻の様式といわれ、確認されているのは全国に六例のみ。日本海側ではここ玉泉園だけです。一幅の絵のような名園はいにしえの僧が描いた理想郷へと誘ってくれます。

金沢最古の茶室
灑雪亭露地 【さいせつていろじ】

 裏千家の祖千仙叟宗室は加賀藩五代藩主前田綱紀に招かれて金沢城下に屋敷を構え、藩の茶道茶具奉行を務めました。脇田家二代直能も千仙叟宗室から茶道を学び、交流があったといわれています。 玉泉園の最上段にある灑雪亭露地は千仙叟宗室の指導により造られ、池を中心とする庭園と茶席「灑雪亭」からなり、亭前の茶庭には雲龍の陽刻をなした蹲踞が配されています。一畳に台目二畳の灑雪亭は利休の詫びを尊ぶ簡素な席で、金沢市内に現存する茶室としては最古といわれています。

四代にわたって作庭、
加賀藩の重臣脇田一族

 江戸時代初期から中期にかけて玉泉園を作庭した脇田一族。初代直賢は現在のソウルである朝鮮漢城に生まれ、幼名を金如鉄といいました。豊臣秀吉が行った征韓の役で父の金時省が亡くなり、孤児となった如鉄を武将宇喜多秀家が日本へ連れて帰ったといわれています。関ケ原の戦いで敗れた秀家は八丈島へ流刑となりますが、如鉄は秀家の正室(加賀藩前田利家の四女)豪姫と金沢城へ入り、加賀藩二代藩主前田利長の正室玉泉院に育てられました。成長した如鉄は利長の近侍となって帰化。加賀藩士脇田重俊の娘婿となり、初代直賢を名乗ります。二代直能は木下順庵から学問を、千仙叟宗室から茶道を学び、三代直長は茶道の名手で夕庵と号しました。  玉泉園の造園は初代直賢から始まり、四代九兵衛で完成しました。その後、脇田家は五代直康、六代直温と続き、七代直与の時に明治維新を迎えます。しかし、明治一一年(一八七八)に脇田家は庭園等を手放してこの地を離れ、明治三八年(一九〇五)以降は、西田家が屋敷や庭園を受け継ぎました。

加賀百万石の栄華を伝える、
兼六園、玉泉園、玉泉院丸庭園

 兼六園、玉泉園、玉泉院丸庭園は作庭の時期や背景が異なります。兼六園は延宝四年(一六七六)に加賀藩五代藩主前田綱紀が別荘の周りを庭園化したことに始まり、約一八〇年かけて今日のかたちになりました。歴代藩主が人をもてなす饗応の庭としての役目があったといいます。兼六園と向かい合う金沢城公園内にある玉泉院丸庭園は寛永一一年(一六三四)に加賀藩三代藩主利常が造園に着手したことが始まりです。来賓の庭であった兼六園に対し、藩主がめでる内庭の役目があったといいます。同園は明治期に廃絶されましたが、平成二七年に文献や絵図をもとに復元されました。そして、最も古い歴史を持つのが玉泉園です。加賀藩士であった脇田家が江戸時代初期に作庭を始め、同時代中期に完成した武家庭園です。非公開だった時期もありますが、西田家によって受け継がれ、往時の景観をとどめています。三つの庭は金沢市中心部にあり、徒歩で移動できます。歴史を感じながら、めぐってみてはいかがでしょう。
加賀藩の饗応の場として活用された 兼六園 加賀藩の重臣脇田家の庭園 玉泉園 加賀藩主の内庭として作庭された 玉泉院丸庭園